「ガンなき世界」
G・グリフィン 著より
―いかにして、この有効な治療法が無視されてきたか―
Dr. Fujita のコメント>
レトリル(ビタミンB17
アミグダリン、レトリール)を、取り込む状況は2009年の今も1974年当時とそう 大した差はありません。すくなくとも日本においてはそうです。 B17を使用すると公的な迫害を受けることはありませんが、依然公的には無視され続けています。しか し、このおかげで、アメリカでは2003年にとうとうガン治療に対する代謝治療法が正式に認められたのです。 研究員としてメキシコのコントレラス博士も参加しています。ビタミンB17の有効性をとうとう無視できないほど、大勢の患者さんが末期ガンから生還を果たされた為です。

ガン治療に対するこうした簡単で、何処でも受けれる治療に対しては、日本は依然として無視され続けて います。 現在、代替え医療として日本で受けられるガン治療は、ビタミンCやB17の点滴療法がありますが、公的には完全に無視されています。

もう一つ
非常に重要なことは食事の問題であります。 実はこの「ガンなき世界」が書かれたアメリカでは、1977年に提出された「マクガバン・レポート」なるものがあります。

[現代の死にいたる病は、アメリカ国民の食事に依存する“食源病”でありしたがって現在の食事のパ ターンを変更することが国民の健康を向上し、医療費用急増による国民経済の損失を防ぐ国家的緊急 課題である]

現在の日本の現代栄養学の食事のバランスとは、終戦後アメリカから導入されたものであり、日本の伝統 的な食生活を捨て、肉食を中心の欧米型 のものとなっています。

一方、アメリカでは「マクガバン・レポート」の登場以来、動物性食品を控えて植物性食品を増やす方向へ大きくシフトしてきています。さらに1991年に一部の急進的グループが、 現代栄養学に基づく旧来の食体系に替わる新たな食事指針を提案しています。

これは、次のような4つの食品群から成り立っているのです:

1.
野菜 2. 豆類 3. 穀物、パン 4. 果物 となっています。
肉どころか、卵や乳製品をも含めた動物性食品は全て除外されています。
このグループの主張は、ゲルソン療法を実践してみれば、正当なものだと言うことが分かる、と・・ 一切の肉、魚などの動物性食品を取らなくても全く問題はないこと、更には、絶対に必要だと考えられてい る塩さえも摂らなくて良いことは、多くのゲルソン療法の実践者に聞いてみれば簡単に分かることです。 こうした取り組みの結果は、ガンの死亡率の低下をもたらしています。

日本ではなぜかこうした取り組みがなされていません。メタボ、メタボと大騒ぎして、メタボ検診を進めていますが、いったいどれほどの効果があるのでしょうか・・・ 問題の解決策、それは、動物性食品を減らし、過食をせず、適度な運動をする、ガンの予防策も同じことです。全ての食生活を見直し、野菜と果物中心の食生活へ戻ること、正しい食生活こそが重大な意味を持っています。

これらの食事療法については、この本の中心B17の研究開発者であるクレヴス博士やゲルソン療法の創始者ゲルソン博士は、今から70年も前の1930年代にガンは食生活の間違いから引き起こされる食源病だと断言しています。

肉食を捨て菜食主義への転換は全ての問題を解決できるキーワードとなるのです。

紹介しています、「ガン無き世界」は既に廃版となっており通常では入手不可能ですが、youtubeで見ることができます。

この非常に貴重な情報、又この本に書かれた事実を多くのガン難民と呼ばれる方々に少しでもガン治療に対するヒントと勇気を差し上げられたら幸いです。

***** 検索の仕方:
G.Edward Griffin-AWorld Without Cancer- Story of VitaminB17
*****免疫療法で治療しているクリニックの情報:
<若葉クリニック>
癌と闘う
「自律神経免疫療法」
Kudan Clinic **** http://www.kudanclinic-bunin.com

<九段クリニック>
「樹状細胞ガンワクチン療法」―この治療方法の詳しい事はハイブリッド免疫療法の本をお読みください。
著者:阿部 博幸(医学博士)-九段クリニック理事長
発行者:祥伝社


Kudan Clinic **** http://www.kudanclinic-bunin.com