GMO(遺伝子組み換え作物)はなるべく食べないように!
GMO(遺伝子組み換え作物) とは・・・・?

GMOは品種改良とはまったくことなったもので(ある人は同じだと本に書い
ているがこれはまったくの無知な意見である)
遺伝子を修正された有機体、「DNAを選択的に組み替えたものである」-
果的にどのようになるか不明。
又バイオ食物&フランケン食物と呼ばれ、今マーケットに出ているGMOも又
未完成のものである。

ベストセラーである”Seeds Of Deception “の著者Jeffrey M. Smith
彼は、一般の人々に健康と環境に影響を与えることに気が付いてもらうよう
にノンプロフィットと政治グループから、議会に出た。
特に、この遺伝子交換の食べ物や食物において一番健康の被害のリスクの高
くなる子供を守るために学校の給食から遺伝子交換の食物を取り除くように
要請し、又、農家を遺伝子交換の作物による他花受粉を守るよう、要請し
た。後に、彼はマーケット(一般市場)の遺伝子交換の物を探知する研究所所
長に就任した。彼は、この危険な遺伝子交換の作物を一般の市場から完全に
取り除く運動を始めている。

彼の説明は、FDA(フード&ドラッグ アドミニストレーションー厚生、
労働省)がどうやって安全性の臨床もせずこのような危険な作物&食物を全
部のマーケットに出すことを許可したのか、そしてまた、今、オバマ政権も
又、バイオ インダストリーとモンサントと政権が利権やお金のために癒着
しているので、選挙公約でもあった遺伝子交換の食べ物や加工品やETCに
はラベルを貼ることが完全に抹殺されていて、食&食品の安全の状況、環境
はひどくなってきているのが現実である。

スミス氏のドキュメントや記事によると、
*遺伝子交換の食物&作物を消費すると直接に再生作用に問題が起こることが
分かっている: 
*免疫組織の欠陥、老化現象、内臓組織を傷める、消化器官のダメージ:
*遺伝子交換の食べ物を食べ始めると、自動―免疫の病気、アレルギーが増え
てくる。

リサーチをすればするほど、この遺伝子交換の作物&食べ物は危険なことが
分かってくるが、リサーチの途中で、会社が妨害をしてくるので、科学者の
人たちの身が危険であると、研究書類を公表できないような妨害を受けるが
心ある人たちが最近表に出て公表始めた。
1996年よりGMOが食品として出回り始めた、それ以来食べ物のアレルギーや
慢性の病気が2倍になった。
又、AAEMより、GNOは正式な方法で試験されてなく未完成品で深刻な健康
(身体)へのリスクがあり、持病や慢性の病気を持っている人は食べない方
が良い。しかしながらモンサントはロビーイストを使ってGMOを表示しない
よう圧力をかけている・・・・。


<なぜ、GMOは食べないようが良いのか、避ける方がよいのか・・・>
1. バイオロジストーMr.David Schubert:
子供は特に早く影響が出る(毒素や日常のトラブル)、又動物実験と同
じようになってしまう。 これは、世界の人類にとって大変危険なもの
である。
2. GMOを食べ続けるとDNAにダメージを受け又、DNAre-proguramingがお
こってくる。
Why(なぜか): GMOは完成品ではなく、バクテリアが死ねと想定して作
られたが、最終段階でもバクテリアが生きているので食べ続けるとそれ
がDNAの中に侵入していき、勝手にタンパク質(GM-プロテイン)を作り
始め、本体のDNAを変えていくのだそうだーー(u-Tube-)、そして、
脳が小さくなると言う結果も出ている。
  又、ヘルスレインジャーのMr.アダムスはless human (人間ではなくなって
いく)になるとも言っている。
3. 食べ続けると下記の病状もでてくる:
* 内臓―腎臓の細胞を殺していき、肝臓、消化器官などが悪くなって
くる
* 自閉症
* 体が変化してくる(神経系、筋肉、行動など)
* DNAが変化していく(re-prguraming
GMOのコーンを食べている動物は内臓の色も変化をしている。
GMOでペットもほとんどが病気になっていて、オーガニックに変え
ると2週間位から改善され始める。

**** 心あるサイエンティストは、GMOは自然にも人間の健康にも大きな
被害を及ぼすと警笛を鳴らしています。
***** GMOを禁止にしている国;ポーランド、ハンガリー、フランス、
ペルー(10年間)、など など。 インドはモンサントと国連を提訴、中
国は米をGMO排除(他はかなりGMO あり)のリストに加えている。


** 参考:
 GMOに関してもっと深いレベルで知りたい方は下記の本を読んでくだ
さい。
<ロックフェラーの完全支配―アグリスーティカル(食糧&医薬)編>
** ウイリアム イングドール著、爲清勝彦―訳

***** ある本によると、“腎臓機能低下が新たな国民病と注目され
ている、又子供や犬&猫にも腎臓機能低下が広がっている” と書いて
あったが、これは日本の市場に出ている、GMOに関係しているのでは・・

日本もGMOの食物の輸入禁止や表示を徹底するために、一般の人への情
報や特に子供を守るために策を講じなければいけないのではないだろう
か・・